‘2016/02’ カテゴリーのアーカイブ

天災によって生じた損害の場合は?

2016/02/26

自動車保険の内、自賠責保険は対物損害に対する補償は対象外です。一方の任意保険は、対人だけではなく対物も補償範囲です。対物に対する補償としては、車両保険が代表的なものとして挙げることができます。車両保険は文字通り、自動車の車両本体に対する損害を補償するための保険です。車両に対する損害を修理しようと言う場合、びっくりするほどの費用がかかることも少なくありません。ですから、これに加入しておくと安心できます。ただしこの車両保険を適用させた場合、等級はランクダウンしますから、保険料は値上がりします。金額によっては保険を適用させない方が得と言うこともありますから、その辺りの見極めは必要です。また車両保険には『一般』『エコノミー』『限定A』『エコノミー+限定A』の種類があります。そして種類によって、車両保険が適用される車両に対する損害理由が異なっています。天災の場合、台風や集中豪雨、竜巻や大雪などの場合は『エコノミー』以外で補償されることが多いです。ただしこれも保険会社によって異なりますから、必ず自分の保険がどうなっているのか、チェックしておく必要があります。そして地震やそれによる津波、噴火などが理由の場合は、車両保険は対象外です。これは、その程度によって被害の大きさに差が生じること、そのために適切な保険料を算出するのが難しいためとされています。これらによる損害に備えたいと言う場合には、基本契約にプラスすることができる特約を契約すると安心です。野菜05

無免許や外部要因で正常な運転ができない状態での事故を起こした場合

2016/02/26

自動車事故は気をつけていても、時間帯や天候、またその時の道路状況などの要素が重なり合うことで発生しうるものです。こうしたことを原因とする事故に関しては、予期することが非常に難しい側面があります。だからこそ被保険者に対しては、特別、咎められるべき非がないために保険が適用され、賠償金が支払われると言うわけです。それに対して、そんなことをして運転をするのはとても危険なことなのにとか、そんな状態で運転することは法律では認められていないのに、と言った状態によって発生した事故は、その発生が予期できていた事故と言うことになります。ですからこの場合、予期できていたにもかかわらずそれを防ぐことをしなかったと解釈され、事故が発生したとしても非があると認められるため、自動車保険の補償の対象外となる場合があります。では、どういった状態がこれに該当するかと言うと、ひとつは無免許です。自動車を運転することを法律的に認められていない人が運転をすれば、危険なことは容易に予想できます。また飲酒状態、あるいは麻薬などの薬物を服用している状態もこれに該当します。精神面に大きな影響を及ぼすため、やはり正常に運転できる状態であるとは言い難いです。またこれは自動車を運転している人に対しては勿論のことですが、保険金の受取人が、保険金を受け取ることを目的として、故意に、たとえばドライバーに対して運転前や運転中にお酒を飲ませたとか、無免許であることを知りながら運転をさせたと言う場合にも該当することです。野菜03

保険契約者や被保険者等の故意によって生じた損害の場合は?

2016/02/26

車両保険というのは、保険契約の対象となっている自動車が、偶発的な事故によって損害を受けた場合について、その修理費にあたる金額や、修理が無理な場合は時価相当の金額が、保険金として支払われるという内容の自動車保険です。たとえば、公道上で他の自動車と衝突して事故を起こしたという場合、相手方からも損害賠償として車体の修理費の一部が支払われる可能性はありますが、過失割合にあたる部分は差し引かれてしまいますので、そのままでは実際の修理費に足りないことが多いといえます。このようなときに、車両保険を契約していれば、過失割合にみあった修理費の部分は、この車両保険の保険金として手にすることができるので安心です。ただし、車両保険の対象となる事故は、あくまでも偶発的なものに限られますので、保険契約者や被保険者等の故意による行為で、自動車に損害が生じたとしても、保険金は支払われないというのが原則です。他人の身体や生命に関する損害賠償に充てるための対人賠償保険では、仮にわざと事故を起こした場合であったとしても、被害者保護が優先され、保険金が支払われるケースがないわけではありませんが、車両そのものに対する車両保険については、より厳密に適用されるものといえます。野菜02

車両保険で保険金が支払われないときとはどうすればよい?

2016/02/26

車両保険は自分自身が保有している自動車に対する保険で、事故などで自分の自動車にトラブルが起こり、それで損害が起きた場合に補償する保険です。一般的に車両保険の加入は、自分の所有する自動車が高級車タイプなど価値ある自動車である場合に加入することが多いです。

なお車両保険においては、補償の範囲に応じて4つのタイプが存在します。総ての自動車に対する損害を補償する一般車両保険、他車との衝突による損害のみを補償するエコノミーです。

それに盗難や落書き、火災・水害等の自然災害による損害を補償する限定A、エコノミーと限定Aの補償範囲を網羅するエコノミー+限定Aのタイプがあります。このように補償範囲の内容によっては、車両保険に加入していても保険金が支払われないこともあります。

そういったケースにおいては、他車との衝突なら過失割合によって、相手方に請求する方法しかありません。また盗難に遭ったり落書きや傷を付けられたりした場合には、それを行なった当事者を捕まえて弁償させるしかないです。

その他の水害や自然災害などのケースにおいては泣き寝入りをするしか方法がなく、自腹を切って修理をするか、新しい自動車に買い換えを行なうかの方法になります。そのため、出来れば保険金が支払われる補償範囲が広い一般車両保険に加入することが望ましく、保険の予算や保有している自動車の価値を考慮して総合的に検討することがベストです。野菜01

車両保険の免責について知ろう

2016/02/26

車両保険とは自動車保険の内、自分自身の車の損害を補償する目的で加入する任意保険の一種です。この保険に入っていると事故で車に損傷が発生した場合に保険を使って修理することが出来る仕組みがあります。大きな事故をした場合には車を直すのに数十万円が必要になってしまうケースもあり、その様な負担を軽減する目的で契約する保険です。
一般的に車両の価値と契約内容によって保険料が決まる仕組みになっていますが、いずれのケースでも免責と呼ばれる仕組みが付いて回ります。これは車両保険をかけていたとしても発生する自己負担の額を定めたものであると解釈することが出来ます。そのため事故で故障が発生した場合に全額をサポートしてもらえるわけではないと言えます。
また車両保険の契約には様々な種類があり、どのような事故でも対応可能な保証もあれば、自損事故を除くなど条件付きの保険も存在しています。条件が付けばその分保険料が安くなる可能性もありますが、カバーすることが出来る保証の範囲が限定されますのでその点については注意が必要であると言えるでしょう。いざという時に車両保険が使えずに困るということが無い様に契約時に条件をしっかりと把握しておくべきです。朝食と女性

車両保険のデメリット|保険料がやや割高

2016/02/26

車両保険の一番のデメリットは、保険料がやや割高になってしまうという点です。
万が一の保険ですから、いざというときのことを考えれば保険に加入しておくに越したことはありませんが、車両保険に関しては相手の保証ではなく自身の車に対する保証となりますから、事故を越してしまった場合にも廃車にすることを割り切ることが出来るのであれば保険に加入をしないというのもひとつの選択肢となります。

新車をいきなり廃車となるような事故を起こしてしまうと、その金銭的な影響というのは大きなものとなってしまいますから、多少割高になったとしても車両保険に加入をする価値はありますが、ある程度年数がたっていて車としての価値が下がってきたときには思い切って車両保険は契約をしないというのも悪いものではありません。
相手に関する保証の場合には損失が青天井になる可能性があるので、保険を欠かすことは出来ませんが車両保険の場合には最悪でも乗っている車が無くなってしまうという影響しかありませんから、そのような事態を覚悟することが出来るのであれば加入をしない選択肢も出てくるのです。
しかし、車両保険でも契約の仕方によっては保険料を抑えることもよく考えて、どうするか決めてみると良いでしょう。赤トウガラシ

車両保険で修理費用分や保険金額全額が支払われるの?

2016/02/26

自損事故を起こした場合や、クルマとぶつかってしまった場合の、自分のクルマの修理代を補償するのが車両保険と呼ばれるものです。車両保険に加入していないと、もし自損事故を起こしてクルマの修理が必要になった場合、すべて自己負担になってしまいます。また、クルマとの衝突してしまった場合も、過失の割合によって、たとえば7:3で自分の方に7割の非があるとなった場合、修理代の3割分しか保険金がおりません。だから、万一のときのために車両保険に加入しておくことがお勧めなのです。

ただい、車両保険にも注意すべき点があります。それは修理費用の全額が補償されておるわけではないということです。保険に加入するときに、上限の保険金額が予め決められているのです。したがって、その上限を上回る修理費用が発生した場合、超過分は自己負担になります。また、その上限は年々下がっていきます。これはクルマの残存価値が年々下がっていくからです。どれだけ高額な修理費用が必要であったとしても、残存価値があまりない古いクルマの場合、補償される保険金額はわずかになってしまいます。そのため新しいクルマには車両保険を付ける意味はありますが、古いクルマの場合は、損得勘定をしてよく考える必要があります。赤かぶ02

車両保険加入で事故による損害に保険金が支払われるの?

2016/02/26

車両保険とは、交通事故によって車に傷がついたり大きな修理が必要になった場合に、修理の費用を保険金で賄えるものです。全損で買い替えが必要になった場合にも、買い替えの代金に充てることができます。車両保険にもプランがあり、全ての損害に対して保険金が支払われるわけではありません。基本的に、どのプランでも車同士の事故や台風や洪水などの自然災害、火事によって車に修理をする必要が出た場合には車両保険が支払われます。しかし、自損事故や当て逃げなどの場合の損害には、保険金が支払われないケースもあります。保険会社やプランによって内容に多少違いがあるため、加入予定の保険会社に確認をしてみるようにしましょう。
車が古いため、壊れたら壊れたときに考えるというケースなら保険料を抑えるために車両保険に加入しないという方法もあります。また、車同士の事故の場合には相手があるものだし、車両保険に入っていなくても相手の保険でどうにかなると思うこともあるかもしれませんが、相手が任意保険に加入していない場合には車両に対する損害に賠償金は支払われませんし、任意保険に加入していても過失割合によっては賠償金を貰えないというケースもあります。赤かぶ01

車両保険の特徴と加入のメリットとは?

2016/02/26

車両保険の特徴というのは事故の相手に対する保証ではなく、自身の車に対する保証となっているのが大きな特徴となっています。
車両保険に加入をするメリットというのはどのようなものがあるのがあるのかというと、大きな事故を起こしてしまって廃車になってしまうような場合であっても、保険金が支払われ新しい車を金銭的な負担をなしに手に入れることができるのです。

しかし、その分だけ保険料がやや割高になってしまう傾向にあるので加入することを悩んでしまう人もいるものですが、車両保険というのはあくまでも自身の車両に対する保証であるため最悪の場合でも車を失うだけで済みますから、それを納得することが出来るのであれば加入をしないという選択肢も出てきます。
そのため、車両保険に入っておいたほうがいい人というのは、新車などを購入して大金を支払った直後などで事故によって廃車になってしまうと金銭的なダメージが大きいという人であったり、仕事などで車を使っていて万が一にも車が無くなってしまうと困るといった人には重要性の高いものとなっています。
一方、もともと安い車であったり中古車などでいくらもしないといった場合には、保険料も割高であることから加入をしないというのもひとつの考え方になるのです。青トウガラシ

車両保険とは大切な車を補償する保険について

2016/02/26

車両保険とは、自分の車を修理するための費用を保険によって賄うものです。新車の時には車に傷がついたり、飛び石でフロントガラスにひびが入ったなどの時に利用しよう、と加入する人が多いのですが、車両保険を付けた分だけ保険料が高額になることもあり、年数の経過した車や、中古車として低額で購入した場合には加入しない人も増えてきます。自損事故の場合には自分で車の修理をする、という場合には加入しなくても構わないでしょう。しかし、車両保険には車に傷がついた、というようなケース以外にも対応しています。たとえば盗難にあったり、相手がある車同士の事故で車が壊れたようなケースです。「相手がある事故なら、車は相手からの賠償金で修理や買い替えができるのでは?」と思ってしまいますが、車同士の事故の場合には過失割合に応じた金額しか相手側からしか支払われません。自分の過失割合分の支払いは自分で行わなければならなくなります。そのため、事故の規模が大きく、車の修理ができず廃車にしなければならないというようなケースでは、車両保険未加入の場合には新しい車を購入するためにほぼ全額自費で支払わなければならないという場合もあります。大きな出費に備えるなら、車両保険の加入も必要になってきます。松茸

最近の投稿