‘2016/03’ カテゴリーのアーカイブ

ダブルウィッシュボーン式の場合

2016/03/23

料理05ダブルウィッシュボーン式サスペンションは、主に高級乗用車やレーシングカーなどに採用されています。自動車の独立懸架方式の一種であり、上下一対のアームでタイヤを支えています。鳥の骨の形に似ている事からこの名前が付けられましたが、現在はアームの形に関わらずタイヤを上下二組のアームで支えているサスペンションの総称となっています。
サスペンションの剛性を確保する事が比較的簡単で、マクファーソンストラット式と比べコーナリング中にサスペンションのストロークがスムーズである事などが長所であると言えます。またタイヤが上下に動く際に現れるキャンバー角の変化が最小限に抑えられる事により、接地面が維持され摩擦力の変化を少なくできる点も長所と言えます。アームの長さや取り付ける位置などのジオメトリー設定の自由度が高いため、自分に合った様式へと変える事も可能です。
短所としては、複雑な構造と多くの部品を要する事から生産コストが高くなる事や、バネ下重量が重くなりやすい事などが挙げられます。その他、アッパーアームによってトランクルームやエンジンルームが狭くなる事や、同じ長さで平行に上下のアームが取り付けられている場合ストロークの際にタイヤが横ずれする事によって摩耗が早くなるという事が挙げられます。

マルチリンクの場合

2016/03/23

卵サスペンションとは自動車のボディとタイヤの間に付けられているもので、路面から受ける衝撃を緩和させるための装置です。
サスペンションを付けることで走行性能や乗り心地を高めることが可能で、車高を決める上でも大切な役割を担っています。
マルチリンク式のサスペンションは複数のアームによって成り立っているもので、全てのアームにおいて物理的に離れていることから配置の面で自由度が高いものとなります。
そのために、繊細なセッティングが可能となって、複数のアームによって支持することでアライメント変化に強い特徴を持っており、タイヤを路面に接地する能力を向上させることができます。
高速領域において不安定な状態になりやすい高性能FF車や、FR車のトラクションを確保するためにリアサスペンションとして採用されることが多いものとなります。
このタイプのものは、ダブルウィッシュボーン式のアームを使用することで、ジオメトリー変化を誘発させることができます。
ダブルウィッシュボーン式との定義的な違いがあるわけではないので、ダブルウィッシュボーン式のうちの1つの形態であると考えられます。
組立をするときの位置を決める精度が要求されることや、部品の点数が多いための費用が高くなる特徴を持っています。

ストラット式の場合

2016/03/23

車のサスペンションは車のボディとタイヤの間を挟みこむように設定されていて、地筍面から受ける衝撃を吸収して緩和させるための重傷な部品です。
殆どの車では、ストラット式と呼ばれる構造になっていて、この場合は部品数が少なくて格安で交換出来ます。

この方式は、テレスコピックショックアブソーバー自体を懸架装置とし、それにばねと車輪を取り付けた構造になっています。
考案した人のアール・マクファーソンにちなんでマクファーソン・ストラットと呼ばれています。
簡単でコンパクトな構造が大きな長所でで、更に安いので世界的にも最も多く利用されています。
他にも、マルチリンク式やダブルウィッシュボーン式などがありますが、こちらは複雑な構造になっていて、主に高級車などに使われています。

サスペンションは使用していると、徐々に固くなってしまい乗り心地が低下してきます。
多少乗り心地が悪くなっても乗ることは出来ますが、変な音がしはじめたときには交換などが必要です。
変な音の主な原因は、底付きやダンパーの故障、スプリングがダンパーと当たっているなど様々なものがありますが、ここまでくると部品の寿命なので、新品と交換した方がよいです。

サスペンションの交換や修理は、大体7千円から6万円ぐらいが相場になっています。

独立懸架式の場合

2016/03/23

料理03自動車に取り付けられているサスペンションは、懸架装置を表わしているもので、路面からのでこぼこなどを和らげるための緩衝装置のことを言います。
サスペンションが役割を果たすことによって、操縦の安定性や乗り心地を良くすることができます。
サスペンションの種類を分類すると、固定車軸方式のものと独立懸架方式のものとに分けることができます。
固定車軸方式のものが、左右のタイヤに車軸で連結させたサスペンションの方式であることに対して、インディペンデント・サスペンションの方では左右のそれぞれのタイヤに別々のサスペンションで動作を行う方式となります。
インディペンデント・サスペンションでは、操作性や乗り心地を向上させることが可能となりますので、スポーツカーやレージングカー、小型トラックなどにも採用されている方式のものとなります。
1つのサスペンションについて1つの機構が設けられている方式ということで、車種に合わせる形での細かな調整が行える点が特徴となります。
現在の自動車では様々な車種に採用されているサスペンションの方式となっており、主流の方式であると言えます。
さらに、この方式のものを分類すると、ストラット式やマルチリンク式、トレーリング式などのものがあります。

固定車軸方式の場合

2016/03/23

料理04サスペンションの交換をするときには、車に使われている種類を確認しておく必要があります。
構造によっていくつかの種類があり、その中に固定車軸方式というのがあります。
この方式は、昔から多くの車に利用されてきたものです。

車軸懸架とも呼ばれていて、リジットアクスルという自動車用語です。
この方式は、トラックや商用車、オフロード性能を重視している四輪駆動車に採用されています。
主な特徴は、左右のタイヤが1本の車軸で繋がっていて、大きな力がかかっても耐えることが出来るので、車重の重たい車両に最適です。

四輪独立懸架式と違い左右のタイヤが独立して動かず、車軸中央にあるデフを支点に左右のタイヤが上下に動きます。
左のサスペンションが縮むと、右側のサスペンションが伸ばされるので、悪路などを走行する四輪駆動車などは高いトラクッションが得られます。
ただ、オンロードでは左右のタイヤが独立して動かないので、路面追従性が悪くなって乗り心地も悪くなります。
強度が高く悪い道などを走るときには、適したサスペンションですが、一般道路を通る乗用車にはあまり向いていません。

現在は、乗用車はバスや一部のFR普通乗用車、共通設計のタクシーや教習車、一部のオフロード型四輪駆動車ぐらいしか使用されていませんが、貨物車では多く採用されていて、小型トラックやライトバンなどは後車軸、2tクラスから大型トラックでは前、後軸両方に使われています。

 

 

サスペンションを交換する

2016/03/23

料理02自動車には路面からの衝撃を受けたときに、衝撃や揺れを和らげるための機構が取りつけられています。
その衝撃や揺れを和らげるための役割を担っている機構のことを、サスペンションと呼んでいます。
ショックアブソーバーやスプリングによって構成されていて、種類としてもストラット式やマルチリンク、ダブルウィッシュボーンなどいくつかのものに分類できます。
それぞれの形式によってメリットやデメリットがありますので、自動車の使い方や性能によって最適な装備をする必要があります。
スプリングによって衝撃の吸収を行って、それだけでは乗り心地や走行の際の安定性が悪くなってしまいますので、ショックアブソーバーによって振動を抑制させることで乗り心地の良い走行が可能となります。
車の重量によって同じ車種であっても、グレードごとに取り付ける種類が変わってきます。
交換を行う目的としては、車高を変えるためや乗り心地を改善させるため、スポーツ走行をするときの操縦性を向上させるためなどが理由として挙げられます。
ハンドリングの向上や、ドレスアップ効果も期待できます。
スプリングの硬さを上げることによって縮まないようになりますので、車体が踏ん張れるようになって加速してもスムーズに曲がることが可能になります。
車高が高いと安定性を欠いてしまいますが、足回りを引き締めることによって交差点などにおいても安定した走行ができます。
飛び出しなど、緊急的な走行においても回避性能を向上させることが可能です。

全長調整車高調整の場合

2016/03/23

車がでこぼこ道や段差などを乗り越えたときに、大きな衝撃を乗っている人や車体に伝わらないようにするのがスプリングで、そのスプリングの働きを適正に制御しているのがショックアブソーバーです。

そして、全長調整車高調整は、基本的にねじ式車高調の下部分(ナックルやサスペンションアームに取り付く部分)が分割していて、車高を調整するときに上部のバネとショックアブソーバーの位置関係を崩すことなく車高調整が出来るもので、一般的には車高の調整をしても乗り心地は変わらないといわれています。

ずっと車に乗り続けていても中々気が付きにくいですが、ショックアブソーバーは少しずつ摩耗してきます。
乗り心地にふわふわ感を感じたり、ごつごつした感じがしてきたら摩耗してきているので、交換した方がよいです。
その時に、硬さや柔らかさ以外にも車の挙動変化の納まり具合なども判断します。
もし、乗っていて違和感や怖さなどを感じたときは直ぐに交換した方がよいです。

また、深刻でないときにはオイル漏れなどがないときは交換する必要がないといわれていて、1万キロ走行していると初期の性能と同じものを期待するのは難しいと言われています。
交換の時期については、自分が変化を感じたときでもよいでしょう。
ショックアブソーバーは、純正品以外にも他のメーカーからも色々な種類が販売されていて、それぞれ特徴があります。
拘りがないときは純正品、拘る部分がある場合は車検や保安基準に注意して選択していくと安心です。

純正形状の場合

2016/03/23

料理01自動車を長く乗り続けていると、いろいろなところが劣化してきます。その中でもサスペンションについてを考えてみることにしましょう。
サスペンションは、車軸位置を指定するサスペンションアーム、衝撃を吸収するスプリング、スプリングの振動を抑えるショックアブソーバー、それに各ブッシュ類で構成されています。
アームは強固な金属性が多いため事故などで破損しないかぎり劣化することは少ないです。またスプリングも鋼鉄を焼き入れし弾力性を持たせているため劣化することは殆どありません。
ところがショックアブソーバーとブッシュ類は前者は筒状の中にオイルやガスを封入するために、内容物が劣化したり漏れたりしてダンパー自体が劣化につながることがあります。また後者は固いゴムなどで作られるために劣化することがあります。
ショックアブソーバーを交換する場合ですが、そのタイプは「純正形状」またはその中野オイルやガスを高性能化したスポーツ性のタイプと、スプリングとショックアブソーバーが一体化された「コイルオーバー」、コイルオーバーのスプリング部分の位置が変えられる「車高調整式」などのタイプがあります。
一般的に通常走行が殆どの場合などは、ディーラーなどで純正を交換するのが無難でありますし、純正より少し乗り心地が固くなるが安定性を求めるのであれば、ショップなどで純正タイプながらスポーツ性の高いものを装着するのも良いでしょう。

ショックアブソーバーを交換する

2016/03/23

野菜と女性自動車の走行において路面上の段差を超えることや、路面がうねっている状態であっても快適な走行が可能なのはサスペンションが衝撃を吸収しているからと言えます。
サスペンションにはスプリングが取り付けられており、スプリングの役割によって揺れや衝撃を抑制させることができますが、それだけでは走行安定性や乗り心地が悪いままになってしまいます。
安定性や乗り心地が悪くなる原因である、スプリングによる伸縮を抑制させる役割を担っている部品がショックアブソーバーになります。
種類としては構造的に複筒式のものと、単筒式のものに分けられます。
複筒式のものは多くの乗用車に使用されているもので、本体が二重構造でできていることによってオイルがおよそ半分ほど入っており、残りの部分はガスや空気が封入されている構造となります。
伸びるときにはピストンバルブによって減衰力を発生させて、縮むときにはベースバルブによって減衰力を発生させる仕組みで作られています。
単筒式のものは、シリンダーだけの構造となっており、ガス室とオイル室とに分けられています。
伸びるときも縮むときもピストンバルブによって、減衰力を発生させます。
スポーツカーなどに使用されるサスペンションで、シンプルな構造でできているためにチューニングがしやすいメリットがあります。

初心者必見!カーパーツ交換の基本

2016/03/23

野菜06新しい自動車を購入したら、カーインテリアやパーツにも手を加えて更に便利に使いやすくしたくなるものです。
シートにカバーを掛けてみたり、収納グッズをプラスしてみたりする方もいれば、タイヤホイールやドアミラーなどの外装を変えてみる方もいらっしゃるでしょう。
エンジンやマフラーを交換される方もいらっしゃいます。
また、車にカーナビや車載テレビを取り付けたり、オーディオ機器をもっと高性能なものにされる方も多いのではないでしょうか。

カーパーツを自分で取り付けられるという方は少ないでしょう。
やはり初心者の場合はパーツを取り扱っている専門店にて、プロの手で取り付け、交換してもらうのが基本です。
購入した店舗で取り付けてもらえる場合が殆どですが、中には持ち込みのパーツは断る店舗もあります。
持ち込みパーツ取付が可能かどうかはあらかじめ調べて行かれるとよいでしょう。

また、オイルやランプ、ガスフィルター、ワイパーなどの消耗品を新しくする場合もあります。
これらはカー用品店でなくとも大きめのホームセンターなどに行けば購入することも出来ますし、比較的自分でも簡単に行うことが出来ます。
車は定期的に車検に出したり点検をすることがあります。
その際に点検先にてこれらを交換してもらうことも可能です。

最近の投稿