5つの駆動方式

テクスチャー02車の駆動方式には、FF、FR、MR、RR、4WDの5種類あり、それぞれ特徴や性能が異なります。
FFは、フロントエンジン・フロントドライブの略で、車の前方部にエンジンを搭載して、フロントタイヤで駆動する方式で、部品点数も比較的少なくできるので、室内スペースを広く設計でき、生産コストが安く生産できます。
FRは、フロントエンジン・リアドライブの略で、エンジンの搭載位置はFFと同じですが、エンジンからプロペラシャフトを通してリアタイヤを駆動する方式で、フロントタイヤとリアタイヤでの役割分担が明確になっているので、効率的なドライブが実現でき、高性能エンジンにも対応しています。
MRは、ミッドシップエンジン・リアドライブの略で、リアタイヤよりも前方で通常の後席付近にエンジンを搭載し、リアタイヤを駆動する方式で、車体の中心付近に重心があるのでバランスが良く、運動性能も高いのが特徴です。
RRは、リアエンジン・リアドライブの略で、リアタイヤよりも後方にエンジンを搭載し、リアタイヤで駆動する方式で、リアに重心があるのでリアタイヤにトラクションがかかりやすく、回頭性に優れています。
4WDはフォー・ホイール・ドライブの略で、エンジンの搭載方法はフロント、ミッドシップ、リアとあり、全てのタイヤを駆動する方式で、荒れた路面や滑りやすい路面などに強く、安定したドライブができます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿