エンジンの排気量とボディの大きさの関連性

テクスチャー09エンジンの排気量は車のボディが大きければ大きいのが一般的といえます。つまり内燃機関ではこれが大きいほど出力も大きいのが一般的といえます。大きな重量物を動かすには大きな動力が必要といえます。大きな自動車や自動車レース用の車は一般的にこれが大きいのです。この大きさが出力を決定する大きな要因となっています。内燃機関では燃料を空気と混合させて燃焼させています。この混合比は内燃機関の構造などできまる最適値というものがあります。一般的にはこの比率が決まっているために、大きな出力を得るにこれが大きくなるのです。ところで燃料をたくさん燃焼させれば理論的には大きな出力をえることができます。大きな出力をえるにためにこの大きさを大きくすることなく得る方法はあることはあるのですが、ノッキングなどさまざまな問題があり、これら問題を解決するのが難しかったといえます。しかし近年、ノッキングを含めたさまざまな問題の解決方法が確立しつつあります。これらさまざまな問題の解決と、燃費の向上を両立させたターボエンジンが実現しつつあり、欧州の車ではこのようなターボ車の普及が進んできています。日本もこのような動向がみられてきているといえます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿