フロントエンジン・フロントドライブの特徴

テクスチャー03車の駆動方式の一つであるFFとは、フロントエンジン、フロントドライブの略で、フロントにエンジンを搭載し、前輪を駆動させる仕組みの車のことを言います。後輪はただ転がっているだけになります。フロントを駆動させることのメリットは、安定性の高さにあります。リアカーを後ろから押すのと、前から引っ張るのでは、前から引っ張るほうが安定しているのと同じです。雨の日や雪道では後輪駆動の車に比べると、非常に安定した走りをすることができます。車を普通に運転するには最適な駆動方式と言えます。

しかし、駆動輪と操舵輪が同じであるために、ハンドリングがアンダーステアになりやすく、ハイパワーエンジンを搭載すると発進加速時にスピンしてしまうので、クイックでシャープなハンドリングを求める方や、ハイパワーを求める方には向いていません。そのような方はやはり後輪駆動の車が向いています。ハイパワーをしっかり受け止め、思い通りのハンドリングを楽しむことができます。小型車には前輪駆動車が多く、大型車やスポーツカーに後輪駆動車が多いのですが、駆動方式によって車の特性が違ってきますので、車を選ぶ際の重要なポイントの一つとして考えると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿