ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの比較まとめ

以前は社用車に搭載されるのが主であったディーゼルエンジンも最近では乗用車に使われるようになり、車種によってはガソリンエンジンと選択できる場合があります。
まず車体価格的な値段的な面から比較してみるとディーゼルエンジンの方が高くつく傾向にあります。増えてきたとはいえ日本ではまだマイナーな存在ですし、そもそもの構造が複雑なのでどうしても高くなってしまうのです。
一方で普段の燃費という面ではディーゼルの方が性能はよく、燃料もガソリンに比べてディーゼルの方が安いので維持経費としてはディーゼルの方に軍配があがると言われています。
但し、これには走行性能の面での問題がありディーゼルエンジンというのは一般的に低速での力は有っても高回転での最高出力は低めです。なので、ターボなどを付けてその非力さを補うので単純にこの二つの燃費を比べる事は出来きません。またディーゼル車は点火補助機が無いなどの理由で耐久性能が高いのですが、その代わりにバッテリーなどは大型の物を積む必要が有るため、総合的な維持費という面ではそこまで変わらないというのが実情のようです。
このように双方にメリット、デメリットが存在するので単純に二つの何方が良いと考えるのではなく、自分がどのような運転をするかという事を考えて選ぶことをお勧めします。000829

コメントは受け付けていません。

最近の投稿