保険契約者や被保険者等の故意によって生じた損害の場合は?

車両保険というのは、保険契約の対象となっている自動車が、偶発的な事故によって損害を受けた場合について、その修理費にあたる金額や、修理が無理な場合は時価相当の金額が、保険金として支払われるという内容の自動車保険です。たとえば、公道上で他の自動車と衝突して事故を起こしたという場合、相手方からも損害賠償として車体の修理費の一部が支払われる可能性はありますが、過失割合にあたる部分は差し引かれてしまいますので、そのままでは実際の修理費に足りないことが多いといえます。このようなときに、車両保険を契約していれば、過失割合にみあった修理費の部分は、この車両保険の保険金として手にすることができるので安心です。ただし、車両保険の対象となる事故は、あくまでも偶発的なものに限られますので、保険契約者や被保険者等の故意による行為で、自動車に損害が生じたとしても、保険金は支払われないというのが原則です。他人の身体や生命に関する損害賠償に充てるための対人賠償保険では、仮にわざと事故を起こした場合であったとしても、被害者保護が優先され、保険金が支払われるケースがないわけではありませんが、車両そのものに対する車両保険については、より厳密に適用されるものといえます。野菜02

コメントは受け付けていません。

最近の投稿