各種あるフルードからの漏れ?エンジンやミッションのトラブル対処

自動車のエンジンルームにはいろいろなフルードが利用されています。
ひとつはエンジンオイルです。これは潤滑油としての役割があり、ピストンやシリンダーの隙間をオイルで皮膜をつくって燃焼の効率を高める役割があり、ピストンが上下運動する摩擦を軽減する役割があります。それと同時にエンジン内を循環することで冷却させる効果があり、焼き付きの防止という役割があります。
汚れも同時にとることと、オイルのために劣化してくるので一定期間で交換を行う必要があります。一般的には5000キロから半年に1回交換する必要があります。
同じようなオイルとしてミッションに利用しているオイルがあります。ミッションオイルやATフルードとも呼ばれていますがエンジンのパワーをタイヤに伝える役割をしており潤滑油としての役割があります。
ミッションオイルも熱によって酸化し、金属の摩耗によって汚れてしまい劣化してきます。そのため2万キロか2年ごとに交換を行う必要があります。
エンジンルームの下からこれらフルードが漏れていないか確認することも大切です。
自動車に使用しているオイル類はメンテナンスが必要がものです。燃費が悪くなったり高温になって焼け付くこともあるため汚れや残量を確認します。ピーマン02

コメントは受け付けていません。

最近の投稿