こんなことってあるの?エンジンにおける冷却水(クーラント)の漏れとは

自動車などのエンジンはシリンダー内でピストンの上下運動で空気と燃料を圧縮して爆発させてパワーを生み出しているのでとても高温になり熱をもってしまいます。
そのため冷却しなければ高温になりすぎてパワーがなくなり、場合によっては焼きついてしまうことにもなります。
最近の自動車はほとんどが水冷式のエンジンで冷却水を循環させて冷やしているのです。自動車の前面にはラジエターと呼ばれる箱型の網目状のものが取り付けられています。この中に冷却水が流れ、自動車が走ることで風をあてて冷却水を冷やしてエンジンに循環させているのです。
ラジエター本体は網目状になっているということと、自動車の前面に取り付けられていることなどから石などの異物があたって穴があいてしまうこともあります。
またホース類も熱などによって劣化してひび割れてしまうことがあります。このような状態になると冷却水が漏れてしまい冷却できなくなってしまうのです。
自動車のメーターパネルでオーバーヒートのマークが点灯するような場合はチェックをすることです。自動車の前面の下側から確認するか、エンジンルーム内に冷却水の補充液が入っているところがあるのでその残量を確認することです。パプリカ

コメントは受け付けていません。

最近の投稿