車にまつわる基礎知識|自動車保険の特約とは?

自動車の運行にかかわる事故によって、何らかの損害が発生した場合に備えるのが、損害保険の役割です。そのなかでも、多くのドライバーがまず加入するのが、対人賠償保険とよばれているもので、事故による相手のケガ、後遺障害、死亡といった損害について、所定の保険金が支払われます。現在は交通事故による損害賠償の金額も高額になってきていることから、こうした保険に加入しておくことが、リスクを回避するためにも必要となってきているのです。しかし、このような基本的な保険だけでは、すべてのドライバーにとってのリスクをカバーすることは難しいといえます。たとえば、運転しているドライバー本人が自損事故によってケガをした場合、対人賠償保険ではまったく保険金が下りないということになってしまいます。逆に、補償が過剰である場合には、それだけ毎年の保険料が高くなってしまいますので、補償をせばめたほうがよいという場合もあります。他人が運転したときにも保険金が下りるような内容の保険であれば、家族しか運転しないことが明らかな場合には、内容を削ってでも保険料を安くするのが合理的でしょう。このように、基本的な保険だけではカバーできない、さまざまなリスクに対応するために、補償の内容を手厚くしたり、逆に補償の内容を限定することで、保険料を安くするためのオプションの契約のことを、特約と呼んでいるのです。フルーツ01

コメントは受け付けていません。

最近の投稿