車のトラブル、症状と対策!振動から探すコツ

車のトラブルで、その予兆として感じられるものとして振動があり、振動の場所によってトラブルの場所をある程度探すことができます。
一定の速度域でステアリングから感じられる場合には、タイヤ周りが考えられ、ホイールバランスの狂いやタイヤの空気圧の乱れ、タイヤを取り付けているサスペンション部品のトラブルが考えられます。また車体全体から揺れる場合にはホイールアライメントの狂いやタイヤの偏りの摩耗などが考えられます。これらタイヤ周りのトラブルは比較的、軽度なものでタイヤの調整などで解決することがあります。
一方でステアリングをきったさい何らかの衝撃があった場合にはステアリング機構の中のギアやベアリングが破損したことが考えられますしオートマのショックが大きい場合にはオートマオイルの劣化や不足が考えられます。ステアリング機構が破損している場合には部品交換を行う必要がありますが、オートマオイルの劣化や不足は新しいオートマオイルを入れることで解消する場合があります。ただし、オートマオイルはエンジンオイルと異なり劣化や不足するといったことは少なく、そのため変速機に何らかの異常があることが考えられます。
いずれにしても振動が発生している場合には駆動系に問題があると考えられるため、はやめに対応することが重要です。いちご

コメントは受け付けていません。

最近の投稿