もしかして破損か損傷?!燃料ホースのトラブル

自動車には特にエンジンルーム内に関しては、複数の種類の液体やオイルなどが用いられていることになります。新車の場合では勿論トラブルは起きにくい環境にありますが、一定期間を乗り続けている車両ならば、時にはトラブルが発生してしまうことがあります。液漏れ関係に関しては、具体的には冷却水の漏れやギヤオイル、オートマオイル、パワステオイルの漏れなどが発生する場合もあり、エンジンオイルに関しては、複数の場所からオイル漏れが起きてしまうことでも知られています。判断する方法としては液漏れを起こしている場所を目視で点検する方法がありますが、色によって分けられているものや、臭いによって判断できるものなどもあり、その種類は多岐にわたっています。エンジンオイルの場合では、触れると判断しやすいことがありますが、バッテリー周りの場合では、触れると危険が生じる可能性もあり、注意が必要です。一方でガソリン臭などが発生している場合では、可能性として燃料ホースの破損や損傷を疑うことができます。このケースではガソリンの臭いによって判断可能ですが、車種によっては燃料ホースの位置が判断しにくい場合も見られ、車体下などを確認する方法で判断できる場合があります。燃料ホースが破損している場合では、火災の危険があるために、早期に修理を行うことが必要です。ピーマン01

コメントは受け付けていません。

最近の投稿