無免許や外部要因で正常な運転ができない状態での事故を起こした場合

自動車事故は気をつけていても、時間帯や天候、またその時の道路状況などの要素が重なり合うことで発生しうるものです。こうしたことを原因とする事故に関しては、予期することが非常に難しい側面があります。だからこそ被保険者に対しては、特別、咎められるべき非がないために保険が適用され、賠償金が支払われると言うわけです。それに対して、そんなことをして運転をするのはとても危険なことなのにとか、そんな状態で運転することは法律では認められていないのに、と言った状態によって発生した事故は、その発生が予期できていた事故と言うことになります。ですからこの場合、予期できていたにもかかわらずそれを防ぐことをしなかったと解釈され、事故が発生したとしても非があると認められるため、自動車保険の補償の対象外となる場合があります。では、どういった状態がこれに該当するかと言うと、ひとつは無免許です。自動車を運転することを法律的に認められていない人が運転をすれば、危険なことは容易に予想できます。また飲酒状態、あるいは麻薬などの薬物を服用している状態もこれに該当します。精神面に大きな影響を及ぼすため、やはり正常に運転できる状態であるとは言い難いです。またこれは自動車を運転している人に対しては勿論のことですが、保険金の受取人が、保険金を受け取ることを目的として、故意に、たとえばドライバーに対して運転前や運転中にお酒を飲ませたとか、無免許であることを知りながら運転をさせたと言う場合にも該当することです。野菜03

コメントは受け付けていません。

最近の投稿