立体駐車場に入庫できないかも?車高制限について

犬03ここ数年セダンタイプに代わり、人気が高まってきているのがミニバンです。セダンタイプとミニバンの明らかな違いはボディの高さです。ミニバンに限らず軽やコンパクトカーも、荷物が多く積めることと居住空間の快適さを両立するため、高さのある種類がスタンダードになりつつあります。ミニバンはその実用性の高さから、家族で乗ることが多い人が好む傾向にあります。しかし、ミニバンには注意したいポイントがあります。
商業施設やマンションなどの立体駐車場を利用したことがありますか?ドライバーのほとんどが利用するであろう立体駐車場には、車高制限があります。しかも、日本のサイズ制限は他国に比べてもずっと低く、狭いのです。特に、機械式のタワーパーキングはサイズ制限が厳しく、最も多く採用されている車高制限は高さが1.55メートル、全幅は1.85メートルです。高さ2メートルだと、SUVなどの車種でも入庫することができますが、立体駐車場が普及した当時ではセダンタイプが主流だったため、セダンタイプに合わせた車高制限で作られているところが多いのです。
立体駐車場付きのマンションに引っ越したら今まで乗っていたミニバンが使えなくなってしまった、というケースが増えてきたため、居住性はそのままに、車高制限に適応したセミトールタイプと呼ばれるミニバンが登場してきています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿