最低限でもここをチェック!車の異変の気づき方まとめ

普段、車の状態をチェックしてから乗るようにしている人は少ないでよう。しっかりチェックするのは車検の時という人がほとんどではないでしょうか。しかし、異変が起こってからでは取り返しがつかないこともあります。最悪の場合は命に関わることになります。これを避けるには事前にチェックすることが何よりも大切です。また、事前にチェックできない場合は走行中に異変にすぐに気づく事が肝要です。気づき方にはいくつかのコツがあります。
まず大切なのは臭いに注意を払うことです。走行中に、焦げ臭い臭いが漂ってきたら、直ちに運転を中止すべきです。
運転中に感じる焦げ臭さには数種類あります。金属が焦げた臭いとゴムが焦げた臭いです。どちらにしても、要注意です。金属が焦げた臭いの場合は、ブレーキをかけた際の摩擦によって生じたものである可能性が高いです。一方、ゴムの焦げた臭いの場合はベルトの摩擦によって生じたものである可能性が高いです。走行の際には、エンジンが作った動力を車輪に伝えるたにベルトを利用します。そのベルトが摩擦によって焦げていると考えられるのです。
また、走行中はメーターのあるパネルにも注意をしておく必要があります。車には沢山の精密機器が搭載されています。もし、それらの機器に故障がある場合は、パネルに表示されることが多いです。もしランプがついていたら要注意です。アーモンド

コメントは受け付けていません。

最近の投稿