素朴な疑問!ある速度域でステアリングが振動する理由

50km/h程度の低速では気になることがないにもかかわらず、高速道路などで80km/h以上の速度を出すとステアリングが振動することがあります。この原因は、ほとんどの場合、タイヤとホイールのバランスが悪いからです。タイヤを装着したホイールは、車体の車軸に取り付けられています。車軸の回転方向とホイールの回転方向がずれてますと、上手く回転することができなくなり、それが震えとなってステアリングやボディに伝わります。
このような車軸とホイールの回転方向のズレは、タイヤを装着したホイールの重量バランスの偏りが原因であることが多く、このため、新しくタイヤをホイールに取り付けた後には、ホイールバランサーという装置にホイールを取り付けてバランスのズレを測定します。そして、そのズレを修正するためにバランサーというオモリをホイールに取り付けることで、車軸とホイールの回転方向が同じになるようにします。このようにしてホイールのバランスがとれていますと、どのような速度域でもステアリングの震えがなくなります。
なお、ホイールバランスがとれているのにステアリング等が震える場合には、車軸などボディ側の故障が原因であることもあります。この場合には、少々面倒な修理が必要になります。キノコ

コメントは受け付けていません。

最近の投稿