サスペンションを交換する

料理02自動車には路面からの衝撃を受けたときに、衝撃や揺れを和らげるための機構が取りつけられています。
その衝撃や揺れを和らげるための役割を担っている機構のことを、サスペンションと呼んでいます。
ショックアブソーバーやスプリングによって構成されていて、種類としてもストラット式やマルチリンク、ダブルウィッシュボーンなどいくつかのものに分類できます。
それぞれの形式によってメリットやデメリットがありますので、自動車の使い方や性能によって最適な装備をする必要があります。
スプリングによって衝撃の吸収を行って、それだけでは乗り心地や走行の際の安定性が悪くなってしまいますので、ショックアブソーバーによって振動を抑制させることで乗り心地の良い走行が可能となります。
車の重量によって同じ車種であっても、グレードごとに取り付ける種類が変わってきます。
交換を行う目的としては、車高を変えるためや乗り心地を改善させるため、スポーツ走行をするときの操縦性を向上させるためなどが理由として挙げられます。
ハンドリングの向上や、ドレスアップ効果も期待できます。
スプリングの硬さを上げることによって縮まないようになりますので、車体が踏ん張れるようになって加速してもスムーズに曲がることが可能になります。
車高が高いと安定性を欠いてしまいますが、足回りを引き締めることによって交差点などにおいても安定した走行ができます。
飛び出しなど、緊急的な走行においても回避性能を向上させることが可能です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿