車両保険で保険金が支払われないときとはどうすればよい?

車両保険は自分自身が保有している自動車に対する保険で、事故などで自分の自動車にトラブルが起こり、それで損害が起きた場合に補償する保険です。一般的に車両保険の加入は、自分の所有する自動車が高級車タイプなど価値ある自動車である場合に加入することが多いです。

なお車両保険においては、補償の範囲に応じて4つのタイプが存在します。総ての自動車に対する損害を補償する一般車両保険、他車との衝突による損害のみを補償するエコノミーです。

それに盗難や落書き、火災・水害等の自然災害による損害を補償する限定A、エコノミーと限定Aの補償範囲を網羅するエコノミー+限定Aのタイプがあります。このように補償範囲の内容によっては、車両保険に加入していても保険金が支払われないこともあります。

そういったケースにおいては、他車との衝突なら過失割合によって、相手方に請求する方法しかありません。また盗難に遭ったり落書きや傷を付けられたりした場合には、それを行なった当事者を捕まえて弁償させるしかないです。

その他の水害や自然災害などのケースにおいては泣き寝入りをするしか方法がなく、自腹を切って修理をするか、新しい自動車に買い換えを行なうかの方法になります。そのため、出来れば保険金が支払われる補償範囲が広い一般車両保険に加入することが望ましく、保険の予算や保有している自動車の価値を考慮して総合的に検討することがベストです。野菜01

コメントは受け付けていません。

最近の投稿