車両保険加入で事故による損害に保険金が支払われるの?

車両保険とは、交通事故によって車に傷がついたり大きな修理が必要になった場合に、修理の費用を保険金で賄えるものです。全損で買い替えが必要になった場合にも、買い替えの代金に充てることができます。車両保険にもプランがあり、全ての損害に対して保険金が支払われるわけではありません。基本的に、どのプランでも車同士の事故や台風や洪水などの自然災害、火事によって車に修理をする必要が出た場合には車両保険が支払われます。しかし、自損事故や当て逃げなどの場合の損害には、保険金が支払われないケースもあります。保険会社やプランによって内容に多少違いがあるため、加入予定の保険会社に確認をしてみるようにしましょう。
車が古いため、壊れたら壊れたときに考えるというケースなら保険料を抑えるために車両保険に加入しないという方法もあります。また、車同士の事故の場合には相手があるものだし、車両保険に入っていなくても相手の保険でどうにかなると思うこともあるかもしれませんが、相手が任意保険に加入していない場合には車両に対する損害に賠償金は支払われませんし、任意保険に加入していても過失割合によっては賠償金を貰えないというケースもあります。赤かぶ01

コメントは受け付けていません。

最近の投稿