車両保険のデメリット|保険料がやや割高

車両保険の一番のデメリットは、保険料がやや割高になってしまうという点です。
万が一の保険ですから、いざというときのことを考えれば保険に加入しておくに越したことはありませんが、車両保険に関しては相手の保証ではなく自身の車に対する保証となりますから、事故を越してしまった場合にも廃車にすることを割り切ることが出来るのであれば保険に加入をしないというのもひとつの選択肢となります。

新車をいきなり廃車となるような事故を起こしてしまうと、その金銭的な影響というのは大きなものとなってしまいますから、多少割高になったとしても車両保険に加入をする価値はありますが、ある程度年数がたっていて車としての価値が下がってきたときには思い切って車両保険は契約をしないというのも悪いものではありません。
相手に関する保証の場合には損失が青天井になる可能性があるので、保険を欠かすことは出来ませんが車両保険の場合には最悪でも乗っている車が無くなってしまうという影響しかありませんから、そのような事態を覚悟することが出来るのであれば加入をしない選択肢も出てくるのです。
しかし、車両保険でも契約の仕方によっては保険料を抑えることもよく考えて、どうするか決めてみると良いでしょう。赤トウガラシ

コメントは受け付けていません。

最近の投稿