車両保険とは大切な車を補償する保険について

車両保険とは、自分の車を修理するための費用を保険によって賄うものです。新車の時には車に傷がついたり、飛び石でフロントガラスにひびが入ったなどの時に利用しよう、と加入する人が多いのですが、車両保険を付けた分だけ保険料が高額になることもあり、年数の経過した車や、中古車として低額で購入した場合には加入しない人も増えてきます。自損事故の場合には自分で車の修理をする、という場合には加入しなくても構わないでしょう。しかし、車両保険には車に傷がついた、というようなケース以外にも対応しています。たとえば盗難にあったり、相手がある車同士の事故で車が壊れたようなケースです。「相手がある事故なら、車は相手からの賠償金で修理や買い替えができるのでは?」と思ってしまいますが、車同士の事故の場合には過失割合に応じた金額しか相手側からしか支払われません。自分の過失割合分の支払いは自分で行わなければならなくなります。そのため、事故の規模が大きく、車の修理ができず廃車にしなければならないというようなケースでは、車両保険未加入の場合には新しい車を購入するためにほぼ全額自費で支払わなければならないという場合もあります。大きな出費に備えるなら、車両保険の加入も必要になってきます。松茸

コメントは受け付けていません。

最近の投稿