車両新価特約について

自動車事故に遭っても自分や同乗者、相手の体が無事だったと言うのは喜ぶべきことです。しかし自動車に大きな損害が発生してしまった場合には、やはり精神的なダメージは相当なものです。そしてその自動車が新車または高年式の中古車であった場合には、そのダメージは更に大きくなることが予想されます。その損害は車両保険によってカバーされますが、新車や高年式の中古車の場合は、その補償金では足りないことも考えられます。そうした事態に備えたのが、車両新価特約です。これは任意の自動車保険で基本的な契約を結べば、オプションとして契約を結ぶことができる特別契約のひとつです。どのような内容の契約かと言うと、契約時に協定新価保険金額が決定されます。難しい言葉ですが、これは簡単に言えば契約時に決めておく新車価格相当額と言うことです。そして事故によって自動車が全損、もしくは一定以上の損害を受けてしまった場合には、再度、新車や高年式の中古車を高2有するための費用が、先の協定新価保険金額を限度として、支払われると言うのが車両新価の内容です。ただし、新車や高年式の中古車の再度購入を条件としている保険ですから、事故が発生してから一定期間内に、それらの代車購入を行う必要があります。また全損以外の損害に対しては、自動車の主要構造部分に損害を受けることが保険が適用される条件となっています。雲丹

コメントは受け付けていません。

最近の投稿