他車運転危険担保特約とは?

他車運転危険担保特約というのは、自動車保険における特約の一種で、他人から借りた自動車を運転中に起きたアクシデントによって、保険の対象者が法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合に、その借りた自動車に付いている保険よりも優先して、本人が契約しているほうの自動車保険から、所定の保険金が支払われるというしくみのことを指しています。友人や知人から自動車を借りてドライブをする機会というのも少なくはないものですが、こうしたときにアクシデントが生じてしまうと、一般的には借りた自動車のほうの保険が適用されることになります。ところが、保険を適用してしまった場合、翌年からの等級がダウンしてしまい、保険料も同時に高く引き上げられてしまいますので、借りた友人や知人に多大なめいわくがかかってしまいます。こうしたことを防止するためにも、この他車運転危険担保特約をあらかじめ付帯させておくのがベターなのです。じっさいに他車運転危険担保特約が適用される場合、対人賠償保険や対物賠償保険といった、基本的な保険メニューによる保険金はそのまま支払われますし、電柱やガードレールにぶつかるなどの相手がいないアクシデントであったとしても、自損事故傷害保険の条件にもとづく保険金が支払われるのが一般的です。紫たまねぎ

コメントは受け付けていません。

最近の投稿