天災によって生じた損害の場合は?

自動車保険の内、自賠責保険は対物損害に対する補償は対象外です。一方の任意保険は、対人だけではなく対物も補償範囲です。対物に対する補償としては、車両保険が代表的なものとして挙げることができます。車両保険は文字通り、自動車の車両本体に対する損害を補償するための保険です。車両に対する損害を修理しようと言う場合、びっくりするほどの費用がかかることも少なくありません。ですから、これに加入しておくと安心できます。ただしこの車両保険を適用させた場合、等級はランクダウンしますから、保険料は値上がりします。金額によっては保険を適用させない方が得と言うこともありますから、その辺りの見極めは必要です。また車両保険には『一般』『エコノミー』『限定A』『エコノミー+限定A』の種類があります。そして種類によって、車両保険が適用される車両に対する損害理由が異なっています。天災の場合、台風や集中豪雨、竜巻や大雪などの場合は『エコノミー』以外で補償されることが多いです。ただしこれも保険会社によって異なりますから、必ず自分の保険がどうなっているのか、チェックしておく必要があります。そして地震やそれによる津波、噴火などが理由の場合は、車両保険は対象外です。これは、その程度によって被害の大きさに差が生じること、そのために適切な保険料を算出するのが難しいためとされています。これらによる損害に備えたいと言う場合には、基本契約にプラスすることができる特約を契約すると安心です。野菜05

コメントは受け付けていません。

最近の投稿