ヨーコントロールデフってどんなもの?

本05

デフとは、自動車の部品の一種で、ディファレンシャルギアの略です。差動歯車という意味で、動力に差をつけて振り分ける装置です。この装置の仕組みは自動車に限定されているものではなく、紀元前にまでさかのぼる歴史を持っています。自動車に使用されているものも様々な種類がありますが、その中でヨーコントロールデフはとデフ内に変速機が内蔵されており、これによって増速又は減速を作りだす事が特徴です。

これにより左右の出力軸に電子制御クラッチで伝達する事により、回転差をアクティブに生じさせる事になります。さらに、左右輪のトルク変化が起きる事によって、上下を軸として回転するヨーイングが強制的に発生するので、旋回性能を向上させる効果が発揮されます。

現在では、数多くの市販車に取り入れられており、左右輪と3セットの変速機を持っているものや後輪デフの入力側にも変速機による増速機能を持っているもの等、様々なタイプが登場しています。本来は、走行中の自動車を旋回させようとする力をコントロールする事であり、ドライバーがステアリング操作を行うのが一般的です。これを機械的に制御する事により、コーナーリングの性能を高める事に成功しています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿