事故を防ぐ!ATの変速ショックが大きい?知っておこう基礎知識

クルマのトランスミッションには大きくマニュアルミッション(MT)とオートマチックミッション(AT)に分かれます。現在9割のクルマはオートマチックミッション車で、免許もオートマチック限定免許があるほどです。オートマチックミッションの仕組みは、アクセルを踏みスピードが上がるにつれて自動でギアがアップされ、スピードが出るような仕組みになっています。またブレーキを踏んで減速すると、やはり自動でギアがダウンされます。ドライバーはアクセルとブレーキ操作だけで、最適なギアで運転することができるのがオートマチックミッションの特徴です。

ところで、自動でギアチェンジが行われるとき、多少変動ショックがあります。この変動ショックはクルマが古くなってくるほどに大きくなってきます。1速から2速にギアチェンジされるときにガツンとショックがあると、とても不快です。この原因の多くは、オートマチックミッションオイルの劣化です。そのためオートマチックミッションオイルは2万キロ程度走行するごとに交換することが推奨されています。オートマチックミッションオイルが悪化すると、変動ショックがあるだけでなく、燃費も悪化します。ちなみに、無段変速機(CVT)はこの変動ショックがありません。ドリンク02

コメントは受け付けていません。

最近の投稿