人身傷害補償特約とは?

自動車保険の基本といえば、対人保険とよばれるものですか、これは契約中の自動車の運行によって、他人にケガをさせたり、死亡させてしまったりした場合に、その損害を賠償するために保険金が支払われるというものです。したし、こうしたタイプの自動車保険では、同じ事故であっても、契約中の自動車に搭乗していた運転手本人などには補償が及ばず、なにも保険がなければケガの治療費も自己負担ということになってしまいます。そこで、契約中の自動車に搭乗中の人が、ケガ、後遺障害、死亡といった損害をこうむった場合に、これを補償するものとして、人身傷害補償特約という保険が設けられています。通常は対人保険とセットで契約するオプションの扱いとして、特約とよばれているものですが、他の保険のメニューとのセットではなく、独立した保険として扱っている損害保険会社もあります。この人身傷害補償特約では、相手との示談の成立を待たず、しかも当事者双方の過失割合に関係なしに、保険金額の範囲内で、実際の損害に見合った金額の保険金が支払われるというのが特徴です。友人や知人などの単なる搭乗者ではなく、保険証券に氏名が記載されている記名被保険者本人やその家族などについては、自動車搭乗中のほか、歩いている最中のアクシデント時などにも保険金が支払われます。魚介03

コメントは受け付けていません。

最近の投稿